パワーストーン サイキックリーディング

破壊と再生~5次元を生きる

2020/04/13
 
ブログアーカイブ
この記事を書いている人 - WRITER -

世界中の人々が


同じ問題を抱えている。
同じ問題意識を共有している。




こんなこと
今まで無かったんじゃないかな?









すでに、

経済不況に陥りつつありますし、
医療現場が混乱しているところもあります。

国境封鎖のタイミングで
家族と離れ離れになっている人もいるでしょう。



日々の生活も
変えて行かざるを得ない状況です。

在宅勤務、テレワークも増えています。









でもほんとは
ウィルス騒ぎになるずっと前から、


社会構造、経済構造は
変革の時が来ていること


みんな薄々気付いていましたよね。





実は前から
薄々みんなが気付いていたこと





例えば

「今私がやってる仕事、
 わざわざ毎日毎日
 満員電車に揉まれなくても
 在宅勤務出来るんじゃないの?」


「都会の高いテナント料払って
 みんなで一ヶ所に集まらなくても、
 オンラインで仕事した方が
 ずっと効率いいんじゃないの?」







でも、

うちの会社には
そういうやり方馴染まないわよねー




なーんて思っていたら、

従来のオフライン主体の社会構造が
強制的に破壊されてしまいました。




あんな事しよう
こんな事しようって思ってたことが

出来なくなってしまった時に考えること。





「じゃあどうする?」

「これからどうしたい?」









厳しい冬の寒さに耐えてじっくり育つ野菜は、
暖冬だとあっという間に育ってしまって
結局ダメになってしまいます。



地味だけど、
準備に必要な時間をかけるのって
大事なんですよねー。




準備している間って

外から見ると
何も変わっていないように見えるけど、




それは
強さを養う大切な時間






大殺界や厄年が
どうしても気になっちゃって
何も出来ない〜

っていう人もいるけど、


そんな時も同じように考えると
良いんじゃないかな。





派手に動かない方が良い時っていうのは、

動くための準備をする時ってこと。








感染に注意している今現在も、

抗体を持った人が増えたり
ワクチンが出来た後も、


格差がどんどん広がっていくのは
避けられないことだと思います。





格差が広がっていくというのは、

5次元的パラレルワールドが
より鮮明に現れてくるということだと感じます。





誰にでも
無数の可能性がある




それは
環境や人との縁など、
様々な要素によって形作られるけど、



それを一つ一つ選んでいるのは
自分なんです。

どの時間軸を生きていたとしても、
それは自分で選んでるんです。





私たちは何だって選べる。
ほんとはね。





自分自身が
どう在るかによって

自分が選んだ
思考行動によって


どんな世界の住人になるかが決まる。




どんな世界の住人になるかは
自分で選べるんです。








別の時間軸を生きるって
分かりにくいかな?




分かりやすくお話しすると、

例えば
自分以外の誰か、

どんなに身近な人でも
その人は
私と異なる時間軸の視点を持っています。




その人の視点で
その人の立場で

物事を見てみる。



そうすると

同じものを見ても
私にとってそれは
5次元的パラレルワールド



自分の立場からの視点と
相手の立場からの視点

この両方を持つことが、
相手との関係を変える
きっかけになります。


私の世界に変化の種が生まれます。



そしてその時、

どんな思考をするか
どのように行動するか


自分が何を選ぶかによって、
どの時間軸を生きるのかが決まります。



それは全て
自分で決められるんです。







私たちは
これまでもずっとそうしてきたように、

破壊の後、必ず再生します。



夜明け前は一番暗い。


でもその状態は
ずっとは続かない。


変わらないものなんて無いんです。










まずは
感染しない
感染を広めない


そのために
今、自分に出来ることは何かを考える。


考えたらそれを粛々と実行する。

必要無ければ病院へ行かないっていうのも大事。
(普段からそうだけどね。笑)





そしてこれから

自分がどう在りたいのか
自分がどんな世界に住みたいのか

自分で選んで準備する



今はそういう時なのかなって
思います。



ロック



この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© The Rock 答えは自分の中にある , 2020 All Rights Reserved.